© *tohru All Rights Reserved.

« プロと卵のエコデザイン展2009 | メイン | 講義 その1 デザイン »

本社移転プロジェクト会議

ここ数ヶ月間、週に1〜2回ペースで本社移転プロジェクトの会議が開催されている。

スノーピークの役員、管理職、社員、約20名へのユニークなインタビューで浮かび上がってきた私達の夢や設計の必要要件。そしてユーザーの皆様のニーズと理想のワークシーンのイメージなどなど、必要な要素を一つ一つ丹念に積み上げてきた。

この日はコンセプトモデルを使ってのシミュレーションとディスカッション。
とても優秀で良いチームワークを持つプロフェッショナルな方々との仕事は、非常に楽しい。ユーザーの皆様そして私達の夢をカタチにしてオンリーワンな本社をつくりたいと思っている。

現在の予定では、着工が2010年7月そして竣工は2011年4月である。あと1年と5ヶ月で皆様にも来ていただける新しい本社がオープンする。

コメント

いよいよですね、新本社プロジェクトの実行が来年2010年7月ですか、そして竣工が2011年4月ですか!! 
ぜひ、1度お邪魔したいですねー。 出来れば、今の本社と見比べられるのが
ベストですが。
とても楽しみにしています。☆(^_^)☆
それにしても気になるのは、今のTOP1958年のワインですか?
どんな味なんでしょうね。

topimageのボトルは、今年パリに行ったときに食事したル・ブリストルにて食後酒として飲んだカルバドスです。林檎から作られたブランディですね。1958年だったのでオーダーしてしまいました。(笑)

新本社プロジェクト、着々と進んでいらっしゃるようで、なによりです。

スノーピークのスタッフさんが生産活動をされる本拠地と、併設でユーザーへのサービス拠点としての着眼点は、タダの「本社でござ~い」的な感覚とは一線を画した全く次元の違うコンセプト。

貴社は、早くから「モノ」の販売ルートの見直しを敢行し流通ルートの短縮とともに直販化も進められ、作り手と使い手、双方向に声が聴け、ユーザーの声がダイレクトに聴こえ、お応え出来るよう改革。

今度の新本社では、モノだけでなくもっともっとユーザーの身近なポジションでサービス展開を図り、モノとサービスの両輪を動かそうとされておられるんですね。

今のご時勢、

モノは溢れ、
ボクの*SP製品も溢れ(爆)

その上でのさらなる戦略、
心温まる、心安らぐ、感動を呼ぶ、気持ち豊かになるサービスを期待しています。


スノーピークの本拠地であり創業の地、燕三条の高台にある5万坪の素敵な草地を、その恵まれた土地に似合う活かし方で活用したいと考えています。そういうことを考えていると本当にワクワクいたします。(笑)

スノーピークには様々なステークホルダーがいらっしゃいますが、もちろんそれぞれに大切なのですが、その中で僕がとりわけ大切だと考えているのはユーザーの皆様とスノーピークのスタッフです。その双方が素晴らしい自然の中で、より触れ合え、そのことが次のモノやサービスに繋がっていくと楽しいと思ってます。

世界に例のない、ユニークなスノーピークらしい本社になると思いますのでご期待ください。(^^)

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)