© *tohru All Rights Reserved.

« FlyFishingレポ 1,Jun.,'10 新潟県北の渓 | メイン | BE-PAL2010年7月号 無人島で夏遊び »

夏に良いモノ

1999年の年の暮れに40歳の自分には分不相応な一生モノの時計を買った。
今日は、その時計ではなくベルトの話である。

その時計にはクロコダイルの黒い革ベルトが付いていて、とても優雅なのだが夏の暑い季節になると汗をたっぷり吸い込み取り替えなくてはならないことになり多い年には1年で2回ほども取り替えなくてはならないことがとても不都合だった。
そんな時にこのCamille Fournet カミーユ・フォルネのanti-transpirationベルトを見つけた。Anti-Transpirationを直訳すれば反蒸発ってことになるけど、要約すればアンチ・スウェット(防汗)ということになる。皮革のベルトの裏にラバーがコーティングされている。
このベルトにしてからは2年に一度位のペースにベルト取り替えが伸びてとても清潔で経済的である。しかもクロコダイルよりもこのミシシッピー・アリゲーターの方が模様が綺麗で高品質なのも教えてもらって僕の革の常識が覆ったという想い出もついている。(笑)

またカミーユ・フォルネでは、2004年より時計ベルトのすべてのコレクションにアビエシステムを導入。時計ベルトのバネ棒に「ツメ」をつけることにより簡単にベルト交換ができる工夫が施されている。

「餅は餅屋」ならぬ「革は革屋」ということである。(^^)

コメント

私も、1999年に30そこそこの自分には分不相応な一生モノの ランブリ6を買いました!(笑)

ありがとうございます。(^^)

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)