© *tohru All Rights Reserved.

« hot spoon | メイン | インタビュー取材 »

ambiente2011 総括

フランクフルトambienteの総括をしておきたい。

今年のambienteは、私達スノーピーク三条商工会議所と(財)燕三条地場産業振興センターNiigata Industrial Creation Organization(NICO百年物語)そして燕三条地域の出展企業にとっても大きなサロンになったと思う。

そして燕三条の仲間である株式会社キッチンプランニングの三条極薄鋳鉄のお鍋に、あのWilliams-Sonomaから大きな引き合いが入ったことも明るいニュースであった。

総じて地域の集合体ブースよりも企業のハッキリしたコンセプトを表現した主張のあるブースの方が引き合いが多かった。中途半端なメッセージは世界には通用しないということだと感じる。

私達スノーピークのブースの成果としては、イギリスHarrods、フランスMerci、スペインpilma、ベルギーrestauration nouvelleそして日本のセンプラさんや三越さん、阪急さん、Afternoon Teaさんなどなど、世界のハイエンドな高感度小売業の皆様からブースにお立寄りいただき商談をさせていただいています。私達スノーピークが実現したいと考えているNatural Lifestyleが世界に通用する、と確信を持てることになった大きな見本市となった。(^^)

コメント

 こんばんは。
 高感度小売業ってコトバ
 初めて聞きました。

>Quruquruqu さん

私達スノーピークは製造業でモノづくりが本分ですが、そのパートナーとして小売業の存在があります。スノーピークは50%は自社の社員がコンシューマーの皆さんに直接接客して販売させていただいていますが残りの50%は他社小売の販売員の皆様に依存しています。できるだけ高感度な小売業を経てユーザーの皆様に私達のモノが伝わるといいな、と思っています。

いいモノは「使いたい」、素敵なモノは「身につけたい」、綺麗なモノは「飾りたい」
これは万国共通の概念ですから、モノづくりに”妥協をしない”燕三条の方々の心は、きっと世界に受け入れられていることでしょう。

これからのスノーピークの発展に期待しております!
いつも心から応援しております!
<tatsukina>

ありがとうございます。(^^)
ビジネスは時々で実感を得てこそ先に進めるものだと思っています。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)