© *tohru All Rights Reserved.

« 14/17 SnowPeakWay 17 Days 久しぶりの焚火トーク | メイン | 吹上高原ー三条ー長岡ー名古屋 »

兄貴の冥福を祈る

新潟県長岡市にあるアウトドアショップである有限会社パーマークの若林聡社長が逝ってしまいました。
本人は大好きな鮎釣りから上がるところで、沢山の鮎を釣って満足の極致だったと思うのが唯一の救いですが。

今日、吹上高原を午前5時過ぎに出発してパーマークさんに10時半過ぎに着きました。その後に自宅にお邪魔してお顔を見てきました。アウトドアズマンらしい日に焼けた顔。ただ眠っているようにしか見えない顔。

FlyFishingを教えてもらった記憶。FlyFishingプロショップからアウトドアショップへの転換。一生懸命アドバイスをした若き日の僕と若林さんとの付き合い。パーマークさんの成長・移転。更に移転。折々に不安なことがあると電話があり「太〜、ちょっと来て相談にのってくれ。」。喧嘩も沢山した。お酒も飲んだ。キャンプもした。釣りにも行った。
でも。もう逢えないんだ。「ば〜かっ。」っていう失礼な電話も掛かってこないんだ。

若林聡、ちょっと早過ぎるんじゃない。(涙)


僕達の付き合いの一端。山後春信と一緒に葬儀の準備をするのも若林さんの縁だと思う。


PS.そんな日に、noasobi.comのサーバーが不調でアクセスしづらい状況が続いたことをお詫びを申し上げます。

コメント

我が子が、「キャンプの店のおじちゃん」として非常に親しみ、我が家の無理なお願い、要望にもいやな顔一つせず対応してくれ、本当にパーマーク社長さんには本当にお世話になっておりました。熱き心とプロ意識をもったすばらしい方でした。
本当に残念でなりません。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

好きな渓流で逝ったことが、幸せなのかどうかはわからないけど
渓流が悲しい思い出の場所にさせられてしまった残った者たちはどう受けとめれば
いいのだろう?

業界のご意見番
多分唯一山井社長に文句の言える人だったであろう御仁

山井社長の暴走を舵取りする人が居なくなってしまったことが心配です。


                                      合掌

ただただ驚いています。
吹上ファイナルでお聞きしました。

謹んでご冥福をお祈りいたします(合掌)。

最終日の早朝、6時前にすれ違いました。
※先月は帰りの高速、今回は国道で。
こんな早朝から、急用でもあったのかと印象に残っております。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

>ふるさん

昨日のお通夜にも沢山の方々が参列されて賑やかなご葬儀となりました。若林さんの人柄だと思います。受付係をさせていただきながら様々なことを思い出し、若林さんの急逝が未だに信じられない自分がいます。

>shigeboさん

昨日のお通夜の後にもパーマークスタッフの方から若林さんの仰っていたことを伝言していただきました。
お互いに色んなことを言い合いながら仕事をしてきたので、もう喧嘩もできないなあと、とても寂しいです。

>donaldさん

お悔やみをありがとうございます。若林さんに気持ちが届いていると思います。
ファイナルに不在で申し訳ありませんでした。

>あかねパパ

前回は追い越し、今回はすれ違いでしたね。(^^)
あの日は、いつも以上に急いでいたので新潟に早く着きました。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)