© *tohru All Rights Reserved.

« ミニバン車中泊バイブル 稲垣朝則 著 | メイン | amadana 電子計算機 LC-104 »

国際アウトドア専門学校

 国際アウトドア専門学校の1年から3年生の全学生さん達約60名の授業を1時間ちょいやってきた。アウトドアを仕事にしようと学んでいる若い方々に触れて彼等の真面目さや熱心さが伝わってきた。アウトドアの業界の存在理由や彼等に持ってほしいモティベーションなどを少し(笑)先輩としてお話しさせてもらった。早く一緒に同じアウトドアのフィールドで仕事ができると楽しいな、と思っています。


 僕の先生姿。(笑)

コメント

昨日は、しつこいメールすいませんでした。(私ではありませんが)
 
先生姿、ひげがある分、風格が漂っています。(ボソ)

アウトドアの専門学校ができると聞いたときは、単純に『いいなあ』って感じがしました。ですが、よくよく考えると採算性を追求しながら好きな仕事を続けるって考えると、好きなことであってもなかなか大変だって改めて感じています。(どんな仕事もそうですが)。ユーザー側でよかったなんてね。

次回は前もって連絡いただければ行ける確率があがりますのでヨロシクです。(^_-)

アウトドアの仕事は好きじゃないとできない仕事だなあ、といつも感じます。学生さん達も好きでその道を選んでいる方が多いと思います。好きなことを仕事にするメリットデメリットの両方があるとは思いますが。僕の場合、あんまり厭なことはないんですよね。(^^)

ボクも機会があったら受講したいですねぇ~!!
四単位ぐらい・・・もらえそうですね(ガハハハ)。

一年に一回、この学校に行ってますので来年ぜひ。二単位くらい差し上げます。(爆)

 先日のご講演ありがとうございました。アウトドア業界の大先輩であります、山井社長のお話しを直に聞きまして、自社の製品に対してこだわりを持っているなど物造り職人のポリシーを感じました。
 私も以前、製造企業に勤めていまして物造りへの職人が対する熱い想いを山井社長の講演を聞きまして、その当時の自分と重なる部分が多々あり非常に興味深いものでした。
 私は、ランドブリーズソロテントを持っている、いちスノーピークユーザーでもあります。自転車のロングツーリング、低山の登山山行時などで使用しています。無雪期日本アルプス縦走登山では、他社テントを使っていますが、折りたたんだ時の容積、重量以外の部分の比較では性能的に劣るとは、実際使ってみて感じる部分がありません。その様な所からも、こだわりが感じられる信頼性の高いものを造っている会社だなと実感しています。

 

ハブさん、ようこそnoasobi.comへ(^^)

そして僕の講義を聴いていただきありがとうございました。ランドブリーズソロのオーナーでもいらっしゃるんですね。可愛がって使い込んであげて下さいませ。
これからも、私達スノーピークもユーザーとしてモノを創って行きたいと思っています。またお会いできる日までお元気で。(^^)

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)